大きくなる 理屈

ペニスはどうすれば大きくなるのか?2つの理屈に迫る

理屈

 

ペニス増大サプリで人気のゼファルリンですが、何故、サプリメントでペニスを大きくすることが可能なのでしょう?
それにはゼファルリンのペニス増大理論があります。

 

ペニスを大きくするには
1、ペニスの海綿体細胞を増殖させる
2、ペニスへ流れる血液量を増やす
の2つの作用が必要になります。

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

 

◆海綿体細胞はペニスのサイズを形成する
ペニスというのは海綿体細胞でできています。
そのため、海綿体細胞が増えたり大きくなったりすれば、必然的にペニスのサイズも大きくなります。

 

海綿体細胞はスポンジのような形状のため、血液を吸収すると大きく膨張します。
この状態が勃起です。

 

そもそも勃起とは脳が性的興奮を受けると、体の血液をペニスへ送るよう命令を出します。
ペニスに集まった血液を海綿体細胞が吸収して膨張することが勃起です。

 

海綿体細胞は血液を溜めこむ容器のような存在です。
ではその容器を大きく増殖させるには何が必要か?

 

それには成長ホルモンと男性ホルモンの分泌が不可欠です。

 

特にテストステロンというホルモンは男らしさを強くするホルモンです。
海綿体細胞の増殖にもテストステロンが必要になります。

 

テストステロンは睡眠中に分泌されますが、質のいい、深い睡眠中でないと分泌されませんん。
この質の良い睡眠をサポートするのがゼファルリンのトリプトファンというアミノ酸です。

 

トリプトファンは体内で、セロトニンやメラトニンというリラックスした時に分泌される物質の材料になるものです。
トリプトファンの働きによって質の良い睡眠が得られ、テストステロンなどのホルモン分泌を促進させてくれるのです。

 

 

◆血流がペニスの硬さを決める
海綿体細胞を増殖させても、そこに入るものがスカスカでは意味がありません。
海綿体細胞に入るもの、それは血液です。

 

しかし、血液が不健康な状態だとペニスへ血液が供給できません。
血液が不健康な状態とは、いわゆる、血液ドロドロ状態のことです。

 

血液は川の水と同じように、循環しないとキレイさを保てません。
川の場合、流れが悪くなると、水がにごり、そこから汚れやゴミが繁殖し、さらに汚れて流れ(循環)が悪くなります。
血液も同様に、血液の循環が悪いと、血液がドロドロになり、血管内部に汚れが付着し、さらに循環が悪くなるという連鎖になります。

 

血液の循環を良くするには血管を太くしてあげることです。
血管が広がり太くなれば血液が流れるようになり、体全体後の循環が良くなり、血液は健康な状態(サラサラ血液)になります。

 

血液の循環はペニスへの流入も良くなるため、ペニス増大に必要なのです。

 

ゼファルリンにはアルギニンやシトルリンといった血管を広げてくれるアミノ酸が配合されています。
そのため、ペニス増大が可能になるのです。

 

続いては「ゼファルリンの4つの重要な増大成分に迫る」です。

 

 

>>>ゼファルリン公式サイト

血流改善と海綿体細胞の増殖で増大するサプリメント「ゼファルリン」